事業再生 実例2

<ケース2>
建設業 売上2億円 従業員数5名

売上減少、債務超過、銀行延滞あり。
1.(問題点)資金繰りの悪化により銀行延滞状態。
  ⇒事業の状況を把握し、資金繰り表を作成したところ、
   リスケジュールが妥当と判断。
   経営再建計画業務改善計画書という書類に落とし、
   リスケジュールを実行。

2.(問題点)業種がら新規の取引が難しい。  ⇒経営者は当初、新規の取引は難しいと言っていたが、
   積極的に営業をしかけることによって、売上が回復。

3.(問題点)後継ぎがいないために、銀行からの対応が厳しい。
  ⇒取引先に、事業承継を前提にM&Aを提案。
   数年後の事業承継を前提に合意。業務提携をし、売上、
   利益がさらに向上。

実例:事業再生
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。