笑顔の事業計画書で経営の活性化

中小企業経営者と話していると、意外と多いのが事業計画書経営計画書
作っていないケースが多々見受けられます。

事業計画書を作成したことがある場合でも、銀行借入対策用などで一時的に
作成したというケースも多いです。

でも、タイトルでも書いたように「笑顔の」事業計画書になるようにするに
は、銀行借入対策などでの作り方とは全然違います。

事業計画書を作ることによって、従業員が会社の方針を理解して売上利益
向上に役立つとか、それが全社に浸透することによって、顧客満足が高まる
とか、皆が笑顔になるような事業計画書を作成していくのです。

こういう観点で作成すると、事業計画書を読んでいても、ストーリー性があ
って、応援したくなるのです。また、従業員も何を目指していくか理解でき
るようになるのです。

結果、顧客満足も上がり、売上・利益にもつながるのです。

つまり、「笑顔の」事業計画書の作り方は、どこからかとってきたテンプレート
で作るのでなく、今後の進むべき方向性を社長自身の考えにまとめていくものなのです。


事業計画書コラム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。