事業再生 実例1

<ケース1>
サービス業 売上3億円、10店舗


売上激減により、資金繰り難。経営者は倒産も覚悟する。
リスケジュールするかどうするかという状態。

1.(問題点)資金繰りが厳しいといいないがら資金繰り表
   が作成していない。

  ⇒企業の財務状況、経営状況の調査(デューデリジェンス)
   経営再建計画の見通しを立てて、資金繰り表を作成。

2.(問題点)当面の資金繰りが続かない。返済できない。
  ⇒リスケジュールも検討するが、手元資金が乏しい。
  事業計画書を作成し、資金調達をして半年分ほどの資金確保。

3.(問題点)一時的な資金確保が出て気も、売上の激減が続く。
  ⇒不採算店舗の問題点の洗い出しをして、売上向上対策を
  打つ。半年で過去最高売上を記録。

4.(問題点)業種特有の利益率の低さ  ⇒本業の経営資源を活用した投資が少なく、利益率が高い
  新規事業を立案、展開

5.(問題点)人材育成が遅れて、店長がマメジメント出来ない。

続きを読む

事業再生 実例2

<ケース2>
建設業 売上2億円 従業員数5名

売上減少、債務超過、銀行延滞あり。
1.(問題点)資金繰りの悪化により銀行延滞状態。
  ⇒事業の状況を把握し、資金繰り表を作成したところ、
   リスケジュールが妥当と判断。
   経営再建計画業務改善計画書という書類に落とし、
   リスケジュールを実行。

2.(問題点)業種がら新規の取引が難しい。  ⇒経営者は当初、新規の取引は難しいと言っていたが、
   積極的に営業をしかけることによって、売上が回復。

3.(問題点)後継ぎがいないために、銀行からの対応が厳しい。
  ⇒取引先に、事業承継を前提にM&Aを提案。
   数年後の事業承継を前提に合意。業務提携をし、売上、
   利益がさらに向上。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。