実例:人材育成、活用1

<ケース1>
管理本部の人材育成、人材活用
事業計画書を作成し、全社の方向性を従業員に理解してもらう。

1.(問題点)職場雰囲気が悪く、離職率が高い  ⇒交流する場や交流する時間を意識的に設けて、従業員
   同士の交流を増やす。
   それにより、離職率が下がり、さらに業務の質もUP。

2.(問題点)一人の従業員に業務が集中。
  ⇒責任感の強さから一人の従業員に業務が集中していたが、
   その方が病気、退職などをした場合、業務が回らなくなる。
   そのため、マニュアル化、分担化を強制的にすることに
   より、全体の業務効率UP、各担当の責任感が生まれ、
   より良い職場に。

3.(問題点)残業代の過多
  ⇒忙しさを理由に、業務フローの見直しをしていないために、
   残業が増える。会社として残業代が過多であり、従業員も
   体調管理が難しい。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。